J-BON

Japanese Biodiversity Observation Network(日本生物多様性観測ネットワーク)

10/27-28 COP10水産関係シンポジウムのお誘い

27日の行事は、沿岸漁業についてはCoMLのRon O’Dorさんに、沖合漁業の課題については私が話します。以前の紹介でも申しましたが、沖合漁業は長い歴史を持つとは言えず、技術革新もあり、管理政策を見直すべき点が多々あると私は思っています。そして、最大の消費国である日本の役割はきわめて重要です。  28日はCOP10会場から少し離れた名古屋市立大学での開催ですが、おいしいお酒と水産物を持ち寄った懇親会も準備しています(COP10行事の仕出しには、残念ながらほとんど水産物がありません)。もちろん誰でも入場可能です。ぜひお立ち寄りください。  詳しくは下記サイトをご覧ください。

http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2010/101027CBD.html#jpn

10/27 16:30pm, Room 235 「水産における生物多様性-日本の経験からの展望」 http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2010/101028NCU.html

10/28 13時-17時 名古屋市立大学「環境に優しい漁業への日本の経験と責任」

横浜国立大学  松田裕之

コメントは受け付けていません。