J-BON

Japanese Biodiversity Observation Network(日本生物多様性観測ネットワーク)

COP10 国際湿地保全連合のサイドイベント

国際湿地保全連合のサイドイベントが20日水曜日に 名古屋国際会議場ルーム136室で開催されます。 国際湿地保全連合はラムサール条約の生みの親の団体の一つ、 世界の湿地保全への提言で大きな影響を与えます。 また、日本政府とオーストラリア政府の援助でアジア太平洋渡り性水鳥保全戦略を設置して、藤前干潟などこの戦略の渡り鳥ネットワークに参加しています。 日本国も加盟していること、WIで知られています。

国際湿地保全連合 WETLANDS INTERNATIONAL

“WETLANDS, WATER, LIVELIHOODS AND BIODIVERSITY LINKAGES IN A GLOBAL WATER CRISIS”

Wednesday, 20 October 2010, Evening 18:15 – 19:45

Room 136 – Bldg 1 – 3rd Floor

Presentation of activities for biodiversity conservation in agricultural sector in Japan. Agriculture is an essential production activity on supplying necessary food and daily commodities for human lives, and also on the viewpoint of food security. For the maintenance and development of sustainable agriculture, conservation of biodiversity is essential, and moderation of negative impact on biodiversity as well as promotion of agriculture which emphasized biodiversity is important.

コメントは受け付けていません。