J-BON

Japanese Biodiversity Observation Network(日本生物多様性観測ネットワーク)

COP10 外来生物法アピール・サイドイベント情報

「食べて考える、外来種ワークショップ」

第1回/10月20日(水) 13:15~14:45

外来生物法、根絶に向けた計画的な防除の取組み

• 『外来生物法』の制定とその運用について

牛場雅己(環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室)

• 根絶に向けた計画的な防除Ⅰ(哺乳類:ジャワマ ングース等)

山田文雄(独立行政法人森林総合研究所)・池田透(北海道大学)

• 根絶に向けた計画的な防除Ⅱ(両生・爬虫類:グリーンアノール等)

戸田光彦(財団法人自然環境研究センター)

第2回/10月21日(木) 18:15~19:45

多様な主体による防除、産業との調和、非意図的導入との戦い • 多様な主体の参画による防除の事例(魚類:オオクチバス等)

中井克樹(滋賀県立琵琶湖博物館)

• 農業との調和(昆虫類:セイヨウオオマルハナバチ)

五箇公一(独立行政法人国立環境研究所)

• 非意図的導入との戦い(昆虫類:アリ類)

五箇公一(独立行政法人国立環境研究所

場所:[名古屋] 名古屋国際会議場 Room232 (2号館3F)

※名古屋国際会議場は,COP10期間中,生物多様性条約事務局に事前登録された方以外は入場できません.

主催:環境省自然環境局 野生生物課 外来生物対策室

付記:ブラックバスバーガー (100食限定) を食べながらお聴きいただく予定です.

「見て、聞いて、考えよう! 外来種ワークショップ ~紙芝居の上演と先生達への質問コーナー」

10月23日(土)13:15〜14:45

• 第1部 外来種かみしばい 「つれてこられたマングースのものがたり」

沖縄に放たれた数頭のマングースのものがたりを紙芝居にしました。マングースや沖縄の動物たちの話を聞いて下さい。

• 第2部 「外来種なんでもきいてみよう!」

外来種を研究している専門家の先生に、不思議に思っていたこと、知りたいこと、何でも聞いてみよう。

場所:[名古屋] 生物多様性交流フェア 白鳥会場 日本政府テント

主催:環境省自然環境局 野生生物課 外来生物対策室,国立環境研究所

http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/events/index.html

コメントは受け付けていません。