J-BON

Japanese Biodiversity Observation Network(日本生物多様性観測ネットワーク)

海域J-BON研究計画策定および地球環境推進費戦略研究開発計画立案会議

海域生物多様性研究の関係各位

海域グループは、昨年のJ-BON,今年のPre-COP10, AP-BON, J-BONと議論を重ねてきましたがさらに7月5-7日の日程で、京大フィールド研で標記の会議を開催します。 この会議の目的と内容については下記を参考にしてください。

会議の議題・目的 など

1) 海域に関する J-BONの研究計画(5年)の立案 

2) JBON 実行計画起草委員の選出

3)  戦略研究開発の計画立案 

4)  推進費の公募内容の策定

■1.参加申し込みの締め切り

今月末を締め切りとします。

・下記A-Cの情報

・旅費の要不要

・所属・氏名・連絡先

を白山までお送りください。

■2.会場など

会議は、京都大学フィールド研会議室(京都市左京区北白川追分町)にて行いま す。場所は添付のフィールド研事務室の真上2Fです。時間は、7月5日13:30から7月7日12:00までです。

お問い合わせ先は、フィールド研企画情報室(075-753-6420)

■3.宿泊など

宿泊の手配は各自お願いします。 食事は用意しません。

■4.懇親会など

6日の夜は、懇親会を企画する予定です(会費制)。

★この会議に参加される方を広く募集します。参加を希望される方は、

海域に関するJ-BONの研究計画(5年)の立案(および戦略研究開発計画の立案)に資 する (A)先行研究の達成点と今後の課題:

GEO-BON WG5では下記の項目がリストアップされているので、参考にしてください。

a) プログラム名・データベース名

b) 目的

c) 対象とする生物群、生態系、パラメータ

d) カバーする地理的範囲

e) カバーする時間範囲

f) 担当する研究機関およびプロジェクトリーダー

g) URL

h) これまでの達成点

i) 課題

(B)必要性:

(C)実行計画:

について、ご自身の研究の関連した分野をまとめたものを、白山までお送りください。(様式は自由;当日資料として配布しますので、最大でA4 1枚程度) また、会議の参加について旅費が必要な方は、その旨を明記してください。 自費での会議参加は自由ですが、会場の大きさには限りがありますので、一応参加希望者は全員上記A-Cについて、白山までお送りください。

なお、会議の出席と平成23年度以降の戦略課題の応募・採択などとは全く関係ありません。

白山 義久

京都大学フィールド科学教育研究センター 瀬戸臨海実験所

コメントは受け付けていません。